『老いていくことが怖くならない未来』
にしていくために。

私たちが生のある人間である限り、病気や老い、
そして人生の最期は必ず訪れます。

だからこそ、私たちはこれからもその人たちを
支え続けていきたい。

医療と介護の専門性に多くの
職員(仲間)の想いをのせて。