rTMS(反復性経頭蓋磁気刺激)とボツリヌス療法の説明会について

11月29日にrTMS(反復性経頭蓋磁気刺激)とボツリヌス療法説明会
湖山リハビリテーション病院にて開催されました。
その第2回目の説明会が下記日程にて開催されます。

第2回:平成30年12月13日(木)
18:30~19:30
会場:湖山リハビリテーション病院 5階多目的ホール
講師:佐々木 信幸医師


《 問合せ先 》
湖山リハビリテーション病院 地域連携室 矢部 宛
TEL 0545-36-2000
FAX 0545-36-2570


rTMSとは:
脳に磁気刺激を反復的に与え、機能のアンバランスを修正するものであり、
リハビリテーションと併用することで脳の代償機能を最大限発揮し、
麻痺の改善をはかる治療です。

ボツリヌス療法とは:
ボツリヌス菌から作り出すたんぱく質を有効成分とする薬を
筋肉内に注射し、筋肉の緊張を和らげる治療法です。
20181122083536-1.jpg

一覧に戻る