自ら受けたいと思う、医療と福祉の創造

個を大切にし、心を満たす医療の実現
喜びと感動の共有
地域社会との対話と交歓
安定の健全な発展
誇れる職場の創設

職員行動指針

湖山医療福祉グループは職員一人ひとりが、日々行動するために何よりも大切にしている「行動を示した」手引書である。職員行動指針は、トップダウンで作られたものではなく、現場で働く職員たちが自ら考え、作り出したものである。

  1. 私たちは、老人医療福祉の分野の顧客サービスにおいて地域No.1の施設をめざします。
  2. 私たちは、老人医療福祉を通じて地域住民に親しまれ、信頼されて、地域で永続発展する施設づくりをめざします。
  3. 私たちは、老人医療福祉の分野で、これからも業界をリードするパイオニアとして努力と挑戦を決しておこたりません。
  4. 私たちの最大のセールスポイントは、医療福祉サービスの質の高さであり、それを支えるのは職員一人ひとりの「こまやかな気配り・やさしい笑顔・まごころ込めたお付き合い」です。
  5. 私たちは、個人としてもチームとしても、高い目標に向かってチャレンジし、その実現を通じて、医療人・福祉人として「生きがい、やりがい」を追い続けます。
  6. 私たちは、やりがいのある高い目標に向かってチャレンジし、努力を続け、そしてそれを実現する職員やチームをほめたたえ、高い評価をおくります。
  7. 私たちは、志を持って、努力を続ける若い職員に対して、惜しみない激励と支援をおくり、その成長を全面的にバックアップします。
  8. 私たちは、セクト主義・官僚主義・縄張主義を徹底的に排除し、特権意識やボス的な言動を許しません。
  9. 私たちは、過去の医療福祉の世界にありがちな閉鎖的で一方通行の指示命令に支配する職場の人間関係を打破して、開かれた建設的な議論を大切にし、明るく活力にあふれた職場を作っていきます。
  10. 私たちは、不断の努力を重ねることにより、その成果としての施設の業績が毎年毎年決して後退することなく、一歩でも前進することを大切にします。